G-Class

時代を超えてなお、色あせない哲学。

極限の走破性と耐久性を持つクロスカントリービークルであること。
実現のためには、一切の妥協を排除すること。
それが、Gクラスを誕生させた哲学。
そのために最も高いプライオリティが与えられたのが、かつてないほど頑強に作られたボディ構造。

人の手にしか生み出すことのできないものでした。
困難を極めた開発の後、リジッドアクスルやデフロック機構などを得ることで、 それまでの常識を打ち破る究極のオフロード性能を獲得。

誕生から33年。唯一無二のクロスカントリービークルとして、 世界中で愛され続けるGクラス。
ここには、色あせることのない哲学が、今も貫かれています。

安全性は、厳しさに比例する。

傾斜地、渡河、急勾配、雪道。
品質と耐久性能に関するあらゆる試験は、工場内外のテストコースで入念に実施されています。
なかでも、シュッケル山地に所有するテストコースで実施されているオフロード耐久性試験は非常に難関。
こうしたテストを経て生まれた、すぐれ耐久性と信頼性の確かなクルマがオーナーに届けられるのです。
メルセデスに乗る人が何気なく感じる大きな安心感には、長い間続く信頼性も含まれています。